物件を探すときは不動産屋で悪い点も聞いておくことが大切です

不動産会社がやらないといけないこと

提案

不動産会社というのは、誰でもやってよいわけではないです。不動産業、正確には宅地建物取引業といいますが、これをしようとするのであれば二つのところから許可を得る必要があります。一つは都道府県知事から免許を発行してもらうことであり、国土交通大臣の許可が必要な時もあります。
不動産の取引というのは極めて高額になり、また登記や契約などのことが法的にも難しい側面がありますから、許可を出すようにしているわけです。許可が出ていないところは営んではいけない、ということになっています。ちなみに自分の物件をどうこうしようとする場合においては、問題はないです。自分の土地、建物を貸す、売る、ということに関して不動産会社としての許可は不要になります。
では、宅地建物を取引しようとする会社とはどのような人達、業務を言うのか、といいますと売買、交換などの交渉を行う人、代理を行う人、賃貸などの媒介をすること、ということです。こうした企業体のことを不動産会社といいます。当然ですが自分で持っている物件も多くあります。そして、それを売り買いするわけです。貸すこともありますし、人から買うこともあります。競売などは業者が使うことが多い取引のやり方になります。

New Posts

設計図

不動産会社に掲載中の賃貸物件について

不動産会社のホームページなどに大々的に掲載されている賃貸物件というのは、魅力的な物件というのがとても多いと言えるのではないでしょうか。最初はそれを見て良いなと思って、物件を探される事かと思います。しかし、ここで一つだけ注意をしておきたい事があります。それは、不動産会社に掲載中の魅力的な物件というのは、…

More

Notice

相談

申込みした不動産会社と管理会社は違います

賃貸物件を探すときに、さまざまな不動産屋をまわると思います。また、ネットなどで良い物件を探して、掲載している不動産屋に問い合わせてみたりすると思います。しかし、だいたいの不動産の物件…

Read More
ビル

不動産会社は基本的には不滅

人間が生きて行く上で重要になってくる要素が三つあります。それが衣食住であり、これは人間社会が形成されている以上は確実に必要になってきます。ですから、不動産会社のようなところも不滅とい…

Read More
提案

不動産会社がやらないといけないこと

不動産会社というのは、誰でもやってよいわけではないです。不動産業、正確には宅地建物取引業といいますが、これをしようとするのであれば二つのところから許可を得る必要があります。一つは都道…

Read More

Information